中国メディア・東方網は4日、「日本で最も美しい鉄道路線に、中国人観光客も吸い寄せられている」とする記事を掲載した。中国人の間でも人気が高まっている日本の鉄道路線として紹介されたのは、福島県と新潟県を結ぶ只見線だ。

 記事は「日本はグローバル化の流れにおいて、現代設備と伝統文化や自然の景観とを巧みに融合させている」としたうえで、その例が日本のメディアから「紅葉が美しい10大鉄道路線」の1つに数えられる只見線であると紹介。1942年に開通した全長100キロメートル余りの只見線は福島県の会津若松と新潟県魚沼市の小出を結び、秋は美しい紅葉の景色を、冬は豪雪地帯ならではの雪深い景色を楽しむこと・・・・

続きを読む