岩屋毅防衛相が「いずも型護衛艦」の空母化に対して前向きな姿勢を示したことが中国で波紋を呼んでいる。日本が仮に空母を保有し、最新鋭のステルス戦闘機F35Bを運用するとなれば、中国にとっては大きな脅威となるためだろう。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、日本は自国で万トン級という大型艦艇を建造できる世界でも数少ない国であると指摘し、「造船業の実力から推測すれば、日本は原子力空母だって建造できるはずだ」と主張、中国は警戒を緩めるべきではないと主張する記事を掲載した。

 記事は、日本には多くの造船関連企業が存在し、その大半が海上自衛隊で運用される艦艇の建造にも関わってい・・・・

続きを読む