中国では冬場になると大気汚染が深刻化する。中国北部の都市部では「暖気(ノワンチー)」と呼ばれる集中暖房システムが導入されており、石炭ボイラーを用いた暖房システムが大気汚染の大きな原因となっている。現在はガス燃焼ボイラーなどへの転換が進められているが、それでも大気汚染は解消できていない。

 中国で深刻化する大気汚染によって死亡する人の数は年間100万人に達すると言われている。PM2.5が大量に飛散している日はマスクをせずに外出することはほぼ不可能であり、視界も非常に低下するなど、大気汚染は中国の人々の生活に大きな影響を与えている。

 中国メディアの一点資訊はこのほど・・・・

続きを読む