中国メディアは、明や清の時代に中国の沿海地域に日本の海賊がたびたび出現し、当時の人びとは海賊のことを「倭寇」と呼び、日本人に対する蔑称としても用いられていたとし、それが「鬼子」へと変わったきっかけは、1890年代の日清戦争前夜にあったとされる出来事だったと伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む