中国の経済成長は中国人の生活を大きく変化させており、特にキャッシュレス化は日本人の想像を超え、中国を訪れる日本人を驚かせている。中国メディアの今日頭条はこのほど、キャッシュレス社会が日本人に衝撃を与えるのと「逆」に、日本を訪れる中国人に衝撃を与えているのは「トイレ」であるとし、「日本のトイレは窓がない場合も多いのに、なぜ嫌な臭いがしないのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、中国人が日本のトイレに入った瞬間に気が付く「中国のトイレとの大きな違い」は臭いであると指摘。日本では「小窓がなく、換気の悪そうなトイレ」でも、変な臭いが漂っていないと指摘し、中国のトイレと一体何が違うのかと疑問を投げかけつつ、臭いが気にならない日本のトイレの秘訣について紹介した。

 先ずは、「日本の住宅のトイレは、浴室とは別の個室」になっているので、浴室の湿気や排水溝からの臭いがトイレにこもることはないと説明した。また、「日本人はトイレ専用の芳香剤や消臭剤を使う習慣がある」とし、トイレで良い香りがすることがあっても、嫌な臭いがすることはないと主張した。また、「温水洗浄便座が進化し、高性能になっている」と指摘し、最近は自動洗浄や脱臭や消臭の機能が付いているものも多いと指摘した。

 現在、中国の都市部では公衆トイレの改善が進められ、新しくて明るい雰囲気のトイレが増えつつある。しかし、臭いだけは未だに改善されておらず、対策として小窓を設けたり、出入口に巨大な送風機を置くなどして床の湿気を乾かしたり、換気するなどの努力がされている。だがこうした対策では大きな効果はないようで、用を足すと皆が足早に立ち去って行く。

 記事には、中国ネットユーザーから「日本の温水洗浄便座を使って1年になるが、臭いが気にならなくなったとは思えない」という声も寄せられたが、「これを使えば一切臭いがなくなる」というものは恐らくないだろう。やはり、こまめな掃除や使う人のモラルの改善があってこそ、不快な臭いのない清潔なトイレが保たれるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)