中国には教育熱心な親が多い。子どもたちにとって競争が激しいためとも言えるが、教育に関して模索を続ける親の姿勢は日中ともに変わらないと言えるだろう。中国メディアの捜狐はこのほど、「日本の教育理念は中国人が学ぶ価値がある」として、中国にはない日本の教育理念を紹介した。

 記事は、中国と日本の教育には隣国同士でありながらも大きな相違があると指摘。たとえば日本人の親は子どもが出かける際には「上着を脱いで行きなさい」と厚着すぎることをを注意するのに、中国の親は「もっと着て行きなさい」と薄着を注意するように、「全く逆の教育がされている」と主張した。しかし最近は、日本の教育を観察し、子ども達が教育によって海外からも評価される素質を身につけていることを知り、「日本の教育理念は我々も学ぶ価値がある」と一部の親は考え方を変化させていると紹介した。

 続けて、学ぶべき日本の教育として「礼儀作法の教育」を挙げた。幼稚園での園児の1日を見ると、自分で上履きに履き替え、自分の荷物を自分の棚に入れるように教えていることや、先生や友達に対して「どんな時に挨拶やお礼を言うべきか」を様々な場面で教えることで、礼儀作法を身に着けさせていると説明した。

 また、「自分の事は自分で行わせることで、子どもの自立を教えている」と指摘。例えば、幼稚園へ行く際に親は送り迎えはするものの、荷物は自分で持たせたり、自分の部屋の片付けは子どもにさせるなど、小さな積み重ねによって「自分のことは責任をもって対処できるように訓練している」と紹介した。

 ほかにも、「子どもに挫折を経験させる」ことも1つの教育と考えられていると指摘。それぞれの子どもをよく理解する必要があるが、「その子が努力しなければ達成できない目標を定め、前回よりも良くなった時に褒める」ようにして、失敗しても諦めないことを教えていると説明し、こうした教育は「中国人の親が学ぶべきもの」であると論じた。

 中国人の多くの親は、「子どものためにすべてのことをしてあげるのが親の愛で、子どもにとっても最善」という理念を持っている。ゆえに、日本人の「親が子どものために心を鬼にして、あえて手を貸さない」という教育には衝撃を受ける一方で、子ども自身を成長させる良い方法であると評価するようになっているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)