中国メディア・東方網は1日、「もし日本に米国の制約がなかったら、超大国に変身できていただろうか」とする記事を掲載した。

 記事は、1945年8月15日に日本が無条件降伏を宣言すると、世界各国は日本が再び軍国主義の道を歩まぬよう、軍隊制度を廃止させ、自衛組織だけ残すことを認めたと紹介。自衛組織である自衛隊は長い時間をかけて発展し、今ではすでに強い戦闘力を持つ集団になっているとした。そのうえ・・・・

続きを読む