中国メディア・東方網は1日、1970年代末に日本で始まった「一村一品運動」が今や中国でも広く浸透しているものの、決定的な部分が欠如していることで各地の農村が十分に発展できていないとする記事を掲載した。

 記事は、日本では農村経済が発展し、大規模化、産業化が進んでいるとし、そのきっかけの1つが1979年に大分県で提唱されて全国に広まった「一村一品運動」だったと紹介。「簡単に言えば、現地の農・・・・

続きを読む