日本人と中国人の外見的な差異はほとんどないが、中国人は日本人と中国人を簡単に見分けることができるという。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本在住の中国人女性の見解として、「話をしている言葉を聞かなくても、日本人女性は見ただけで日本人か外国人かが分かる」と論じる記事を掲載した。

 近年は、日本で暮らす外国人が増加しているが、記事は日本で暮らす中国人の見解として「日本人女性はやはりとても目立つ」と主張し、人混みのなかでも容易に見分けることができると指摘。なぜなら日本人女性は清潔感があって、透明感があるからであり、簡単に言えば「日本人女性は皆きれい」だと強調した。

 たとえば、日本人女性の髪の毛を見てみると、人によって髪型や色には差があっても、「油でベトベト」した髪の日本人女性はいないと主張。「そんな小さいこと」と反論する人がいるかもしれないと前置きしつつも、清潔感を保つのは手間のかかることであり、簡単なことではないと強調した。

 また、中国人女性から見た日本人女性の特徴は、「肌がきれいなこと」だと主張。これは、この中国人女性が「日本に到着したその日」に思ったことであり、日本人女性は「健康的できれいな肌」をしていて、また、肌が白いのも特徴だと強調し、日本人女性の美しさの核心は「肌」のきれいさにあると主張した。

 記事の「日本人女性は肌がきれい」という主張には、「日本は四方を海に囲まれていて、湿気が多い国だから肌に良い環境なのではないか」など、多くの中国人から賛同のコメントが寄せられていた。また、日本人女性と中国人女性は「確かに簡単に見分けられる」というコメントも多く、「日本人女性の振る舞いや仕草は中国人とは違う」、「日本人女性の目つきは優しい」といった声も多かった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)