11月22日からの1週間で、サーチナで最も読まれた記事、第4位から第6位は以下の通りだった。

 第4位は、「日本は世界で最も浪費が多い国、でもその理由を知ったら冷や汗が出た=中国メディア」(公開日:11月21日)。記事が取り上げている「浪費」とは、毎日大量に破棄されている食品のこと。日本では、一般的に食品の賞味期限を守って、コンビニや商店等では期限が近付けば値下げし、それでも売れ残った分は処分されている。その量が大量であることは、日本でもたびたび話題に上っている。記事では、日本の居酒屋でアルバイトをした中国人留学生が賞味期限が切れたビールを棄てるように指示され、「まだ飲めるのにもった・・・・

続きを読む