日本の弁当やには緑色の薄いプラスチック製の「バラン」が添えられているが、食べられないプラスチック製品がなぜ料理と一緒に盛り付けられているのか不思議に感じる中国人は多いようだ。

 中国メディアの快資訊は28日、バランの役割を紹介する記事を掲載し、日本と中国の料理人の考え方に違いがあると指摘している。「プラスチック製バラン」の主な目的は、「味移りを防ぐ」ことと、「彩を添える」ことにあると紹介している。

 記事は、高級な日本料理店では「プラスチック製のバラン」ではなく「青紫蘇」など本物の野菜が料理に盛り付けられていることを紹介し、これには、見栄えをよくすることだけではなく、「食品の生臭さを消す働きをする」と伝えている。弁当などではコストや手間の兼ね合いもあって、本物の野菜を使って「味移りを防ぐ」ことが難しいため、プラスチック製バランで代用しているのだと紹介した。

 中国料理にも食品彫刻の技術があり、高級料理店へ行けば料理と共に見た目も楽しませてくれる。だが、記事は一般的な中華料理のシェフは味とスピードにこだわるゆえ、「盛り付けの見た目については重視していない」と、日中の料理人の考え方が異なっていると主張。それゆえ、中国で販売されている弁当に「バラン」は添えられていない。そもそも、冷めたご飯を食べる習慣のない中国では、工場で生産された弁当を見かけることは非常に少なく、大衆食堂で食べるか、弁当箱に詰めてもらって持ち帰って食べることが多い。

 日本料理も中国料理も美味しい料理を提供してくれる。だが、日本料理には見た目の美しさも、美味しい料理の要素と考えられている。プラスチック製の「バラン」は確かに食べることはできないが、その役割の背後には味が混じらないようにという配慮があるのだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)