豊かになったとは言え、多くの中国人にとって自動車はまだまだ高い買い物であり、自動車を選ぶにあたっては維持費を気にする人は少なくない。中国メディアの今日頭条はこのほど、日系車の維持費について紹介する記事を掲載し、ホンダ車を例に挙げ、「車体価格は中国車より高額だが、最終的に支払うことになるコストを考えると中国車より圧倒的に安かった」と伝えている。

 中国の街では国内外の様々なメーカーの車を目にすることができる。特に日系車は故障が少なく、燃費が良く、維持費が安いとして多くの中国人に高く評価されている。記事は、「日系車は実際にどれほどの維持費が必要なのだろうか」と疑問を提起し、ホンダ車を例に挙げて比較している。

 続けて、燃料費や整備費などの維持費と車の購入費用を合計した金額から、買い替え時の下取り価格を差し引いた金額が車を所有するうえで必要なコストになると指摘。日系車は車体価格は同型の中国車に比べて高額だが、燃費が良く、故障も少ないため、維持費が少なくて済むと指摘。また、買い替えなどで下取りに出す際に得られる金額は、中国車に比べて高いのが一般的であるため、最終的に支払うことになる費用は結局、日系車の方が安く済むのだと強調した。

 中国では反日感情ゆえ、日系車に乗っていたらメンツが立たないという見方もあるにもかかわらず、多くの日系車を街中で見かける。車を長年維持していくにはそれなりの費用が必要であるため、建て前で日系車のことを悪く言っている人でも、実際は「コスト」の掛からない車に乗りたいというのが本音なのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)