中国メディア・東方網は29日、日本で開発されるアバターロボットが従来の技術的な壁を次々と打ち破り、どんどん人類に近い動きを身に着けつつあるとする記事を掲載した。

 記事は、「日本はロボット開発の分野で造詣が深く、これまでにもさまざまな種類のロボット開発してきた。その中でも、アバターロボットは従来の技術の壁を打ち破って、動きがわれわれ人類に非常に似てきており、一部の動作ではすでに非常に細かい部分まで再現されてさえいるのだ」としたうえで、日本で開発されているアバターロボットのMELTANTを紹介した。

 MELTANTについて記事は、「このようなロボットを作った当初の目的は、人類に代わって航空分野で人類ができない作業を完了させること」と説明。操作者の動きを感知し、模倣することができるほか、外部の事物に反応することができるとし、1本の手でバケツの水を持ち上げたり、両手で持ったりと、通常の人間と同様の力を持っていると説明した。

 また、重い物を持ち上げる能力だけではなく、トランプのカードを取る、ボトルのキャップを締めるという、微妙な力加減が要求される動作もこなすことができると指摘。「多くの人は、取るに足らない簡単な動作だと思うかもしれない。しかしロボットにとってはなかなかできないことであり、こういった点でも従来の技術を打ち破ったのだ」と伝えている。

 記事はさらに、このロボットが人間の体同様、体外の物などに接触した際に反応を生じ、その関連情報を操作者にフィードバックすることも可能であるとした。

 単純な動きしかできなかったロボットが、どんどん人間と同じような繊細な動きを身に着けつつある。中国のネットユーザーからも、アバターロボットの技術を評価する一方で「ロボットが進化して独立した思考能力や学習能力を持つようになれば、人類がロボットに置き換わる状況が避けられない。ロボットの能力が人類を全面的に超越すれば、人類にとってそれは災難になるだろう」との懸念の声も少なからず見られた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)