中国・上海にある黄浦公園はかつての外国人居留地である租界に存在する公園だが、この公園は外国人専用の公園として中国人の立ち入りを制限した過去がある。これが「犬と中国人は立ち入り禁止」という言葉が生まれた背景だ。

 中国では「犬と中国人は立ち入り禁止」という言葉は、かつての侵略で受けた侮辱を示す言葉として認識されている。中国人にとっては屈辱の歴史を思い起こさせる言葉と言えるだろう。中国メディ・・・・

続きを読む