かつての「ガラケー」時代では、日本国内では日本メーカーの携帯電話が圧倒的なシェアを占めていたが、スマホが普及した今ではiPhoneがシェア1位となっている。日本メーカーのスマホは国内外を問わず、シェアを減らしているのは残念なことだ。中国メディアの快資訊は26日、「日本のスマホ技術はすごいが、それでも中国市場に討ち入るのは難しい」と題する記事を掲載した。

 中国でも一昔前は日本製の携帯電話・・・・

続きを読む