中国はかねてより日本の「いずも型護衛艦」は準空母と呼ぶべき存在であり、日本はいずも型護衛艦を「空母に改修しようとしている」と批判してきた。岩屋毅防衛相は27日、いずも型護衛艦の空母への改修に前向きな姿勢を示したが、これについて中国が改めて批判を強めるのは必至とみられる。

 中国メディアの新浪は26日、日本はF35戦闘機と準空母を用いて「海軍を再建する野望を抱いている」と主張する一方、その・・・・

続きを読む