中国の南方科技大学の賀建奎副教授は26日、ゲノム編集の技術で遺伝子操作を行った受精卵から双子の女児が誕生したことを発表した。中国メディアの環球時報によれば、この双子は遺伝子操作によって「HIVに対する抵抗性」を持っており、「世界で初めて遺伝子操作によってHIVへの免疫を獲得した子ども」だという。

 記事は、「遺伝子操作によってHIVに対する抵抗性を獲得した」ことは、「一見すると良いこと」に思えるとしながらも、倫理的問題の観点から様々な声があがっていると伝え、北京大学医学部の王月丹教授は「新生児に遺伝子操作を行ったことは軽率」との見方を示したと紹介した。

 また、遺伝子操作が「病気を治す」ためならまだしも、双子の女児が将来的にHIVに感染することを防ぐという目的だったとすれば、遺伝子操作まで行う必要性はなかったと指摘したことを伝えた。

 また、受精卵に対して行った「CRISPR/Cas9」という遺伝子操作は過去にガン誘発の可能性が議論されたこともある技術であるとしたほか、やはり、遺伝子操作は倫理的な問題を引き起こすものだと強調。中国科学院の周忠和院士は「科学は社会に進歩をもたらすが、使い方を誤れば災難をもたらすゆえに、倫理感が大事になる」、「科学者は自分の研究成果とその応用を正しい道徳観と倫理感のもと制御しなければならない」と訴えたことを紹介した。

 遺伝子操作を行ったという賀建奎副教授のもとには取材の依頼が殺到しているようだが、現在すべての取材を拒絶しているという。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)