中国の南方科技大学の賀建奎副教授は26日、ゲノム編集の技術で遺伝子操作を行った受精卵から双子の女児が誕生したことを発表した。中国メディアの環球時報によれば、この双子は遺伝子操作によって「HIVに対する抵抗性」を持っており、「世界で初めて遺伝子操作によってHIVへの免疫を獲得した子ども」だという。

 記事は、「遺伝子操作によってHIVに対する抵抗性を獲得した」ことは、「一見すると良いこと」・・・・

続きを読む