近年、非常に多くの中国人が日本を訪れており、日本を気に入って何度も訪れる中国人も少なくない。では、日本を訪れた中国人は日本のどのような点に感動し、忘れられない思い出を自国に持ち帰っているのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本で体験した忘れられない「美食」を紹介する記事を掲載した。

 記事がまず挙げたのはお弁当だ。幕の内弁当を例に挙げているが、ご飯に肉料理や魚料理、野菜や卵料理などバラエティーの富んだおかずが詰められた弁当は、中国人にとっても魅力的なのだという。中国人はもともと冷たい料理を好まないため、中国では日本のような作り置きの弁当はあまり一般的ではないが、それでも日本で食べる弁当は「冷めているのに美味しい」と感じられるらしい。目でも楽しめる彩り豊かな点も、中国人にとっては好印象のようだ。

 続けて挙げたのは「寿司」だ。中国でも寿司は誰もが知るポピュラーな日本料理だ。生モノを嫌う中国人にとって、寿司のネタはほぼすべてがナマであるため抵抗があるようだが、実際に食べてみると美味しさを「発見」できるらしい。また、「すき焼き」や「天ぷら」、「うな丼」なども中国人旅行客にとっては忘れられない「美食」になると伝えた。確かに牛肉のとろける食感と奥深い甘さを堪能できる「すき焼き」にはまる中国人は少なくないと言われている。

 最後に記事は、「麺料理」を挙げた。中国といえば麺料理の本場であり、麺の種類やスープの味は無数に存在するほどだ。様々な麺料理が身近にある中国人にとっても、「蕎麦」や「うどん」は美味に感じられるようで、昆布や鰹節から取った出汁に醤油を加えたスープは美味であると伝えた。

 近年、中国でも日本食を扱うレストランが増え、日本料理を簡単に食べることができるようになった。だが、その多くは中国風にアレンジされていて、日本で食べる料理とは根本的に違っているというものも少なくない。今後、ますます多くの中国人が日本を訪れると予想されているが、B級グルメを含め、日本のさまざまな美食を味わってもらいつつ、忘れられない旅をしてもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)