中国では日本経済について語る際、必ずと言って良いほどバブル崩壊後の不景気が続いた「失われた20年」のことが取り沙汰される。日本経済の成長が低迷し、中国に世界第2位の経済大国の座を譲ることになったのは「失われた20年」のせいだという論調も少なくない。

 しかし、中国メディアの今日頭条はこのほど、外国人旅行客は日本国内で「豊かさ」や「清潔さ」、「現代化が進んだ社会」を目にして、失われた20年・・・・

続きを読む