近年において、バブル期など日本企業による対中投資ブームは何度か起こったが、最近では縮小の傾向にあるようだ。むしろ、中国企業による日系企業の買収や、中国人投資家による日本の不動産購入などの話をよく耳にする。中国メディアの捜狐は23日、日本の対中投資が少ない理由について分析する記事を掲載した。

 日中関係は最近では改善されてきていると言えるだろう。2018年は日中平和友好条約締結40周年の節・・・・

続きを読む