「住めば都」とはいうものの、文化や習慣が異なる外国で生活している人にとって、どうしても馴染めなかったり受け入れられなかったりする点があるようだ。中国メディアの快資訊は22日、日本に住んでいる中国人が指摘する「日本の問題点」について紹介する記事を掲載した。

 記事がまず紹介しているのは、人間関係の希薄さだ。まるで「人と人の間に膜のような層がある」ように感じられるという。多くの中国人は、日本人は非常に礼儀正しいと認識しているが、人に迷惑をかけることを避ける傾向があるためか、「人間関係が表面的」のように感じられるという。中国人は親しい関係のもとでは「本音」を語り合い、関係が深ければ深いほど、相手に手間をかけてもそれが「迷惑」であるとは考えない傾向にある。

 次に記事は、「日本人の生活には活気が感じられない」と主張。日本には欲望も欲求もない若者が多く、変化のない生活を送っている人が多いことを例に挙げ、こうした生活は中国人からすると「活気が感じられず、人生を無駄に過ごしている」ように感じられると伝えた。

 他にも年々深刻化する「少子高齢化」を挙げ、この問題は日本に住む外国人である中国人から見ても「非常に深刻な問題」に映ることを強調した。だが、少子高齢化は中国でも問題となっていて、一人っ子政策の影響のほか、晩婚化が進み、子どもを持たない夫婦が増加していることも社会問題となっている。

 日本と中国は隣国同士であっても、人々の考え方や習慣、社会、文化などには大きな違いがあるため、日本で暮らす中国人がどうしても「馴染めない」と感じる点は少なからず存在するだろう。また経済成長が続く中国では街の至る所で「活気」や「勢い」を感じられるが、これは確かに日本ではなかなか感じられないものだと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)