麻薬の一種であるアヘンは現在、世界中の国でその製造や販売、そして、販売目的の所持が禁止されている。モルヒネを多量に含んでいるため、鎮痛・催眠作用があるが、常用すると中毒になる。日本でも麻薬及び向精神薬取締法とあへん法によって使用や所持が禁止されている。

 アヘンはケシの実から採取される果汁を乾燥させたもので、古代から医薬品として用いられてきた。だが前述のとおり中毒性があるため、濫用による・・・・

続きを読む