日本人に広く親しまれている中華料理。ギョーザや麻婆豆腐を食べる頻度が多い人は多いのではないだろうか。中国メディアの今日条頭は17日、中国人からみた日本の中華料理について紹介し、「日本へ行ったら中華料理を食べてみないといけない」と主張する記事を掲載した。

 記事は、東京では中華料理店が寿司屋の数よりも多いほど、中華料理は日本人に愛される料理となっていると指摘し、麻婆豆腐や青椒肉絲は漢字も読み方も、中国語をそのまま日本語にしているので、中国人が日本でメニューを頼んでも通じると伝えた。さらに、日本の中華料理は中国人の予想を超える速さで変化を遂げており、すでに独自のスタイルが確立されていて、「本場の中華料理とは随分異なるが、それはさておき美味しそうだ」と主張した。

 続けて、日本で中華料理と呼ばれる料理は3種類に分類できるとし、1つは「中国にルーツを持つが、日本で昇華を遂げて完全に日本の特色を持った料理」として、ラーメンや餃子を挙げた。また、「中国の特色を残しつつも、日本人の好みの味に変わった料理」として、麻婆豆腐や青椒肉絲を挙げた。

 そして、「中国には存在しないが、日本で中華料理と呼ばれている料理」として、天津飯や冷やし中華を挙げ、「日本人は中国にはない、奇想天外な中華料理も作り出した」ことは驚きであるとしつつ、「本場の味が一番という概念をひとまず置けば、日本の中華料理もそれはそれで美味しい」と指摘した。

 中国人から見ると、日本で中華料理と呼ばれるメニューが中国と異なるので戸惑いを感じるようだが、日本の中華料理には日本人の気質をあらわす創作性と緻密さがあり、「日本へ行ったら中華料理を食べてみないといけない」と感じられるらしい。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)