近年の経済発展と海外旅行ブームにより、海外旅行を楽しむ中国人は増加している。特に日本は人気の渡航先となっており、リピーターとなって何度も訪日する中国人は少なくない。では、日本を訪れた中国人は日本のどのような点に感動し、何度も訪れたいと思うようになるのだろうか。

 中国メディアの今日頭条は19日、「中国人観光客が日本で驚くこと」という題の記事を掲載し、日本では公衆トイレですらハイテク化が進んでいて、「一度座ったらその場を離れられなくなる」ほど快適な空間となっていると伝えている。

 記事はまず、日本を訪れる中国人が増加しているのは、昔から両国間に交流があったことに加え、日本のサービスや進んだ科学技術を体験したいからだと分析している。そして、日本では公衆トイレですら、その進んだ技術を体験することができると伝えた。

 続けて、日本の公衆トイレは清潔に保たれているだけでなく、中国ではまだ一般的ではないハイテク便座を堪能できると指摘し、便座が温かくなる機能や、乾燥機能付き温水洗浄便座、さらには好きな音楽を聴く機能もあって、しかも、中国のように嫌な臭いもないため、「一度座ったらその場を離れられなくなる」と感じる中国人が多くいるのだと論じた。

 中国にも公衆トイレは様々なところに設置されているが、アンモニア臭など不快な臭いが漂っているのが一般的だ。また、田舎へ赴けば、現在でも用を足している人同士が見えてしまう、いわゆるニーハオトイレが使用されている。中国には「トイレに複雑な機能は必要ない」という声もあるようだが、トイレは快適に過ごせるに越したことはないのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)