食の大国と呼ばれる中国ではあらゆる食材が多様な調理方法で食べられている。中国メディアの一点資訊はこのほど、中国発祥のラーメンが日本で昇華を遂げ、中国人をうならせる料理になった秘訣について論じる記事を掲載した。

 中国には麺文化が根付いており、各地に多種多様な麺料理が存在するが、記事は「日本と聞いてラーメンを連想するほど、日本のラーメンは中国人に愛されている」と指摘。中国では日本のラーメンは「日式ラーメン」と呼ばれ、中国のラーメンと明確に区別されているが、熊本に本店を置く「千味ラーメン」が中国各地にチェーン展開して成功したように、日式ラーメンは中国人をうならせる美味しさを持つ。

 中国のラーメンとは全く異なる日式ラーメンが、中国人の美食家たちの胃袋を掴むのは2つの秘訣があるようだ。記事は1つ目の秘訣は「スープ」であるとし、「一口飲んだだけでも中国のラーメンとの違いは歴然で、たちまち客を虜にしまう」とした。中国のラーメンのスープは一般的には薄味で、日本にも進出した「蘭州ラーメン」の場合は牛骨から出汁を取っていて、まるで澄んだスープのようだ。出汁をブレンドさせたり、濃く煮詰めたりはしないゆえに、「日本のスープは繊細で、かつ奥深い様々な味わいがする」と説明した。

 また、2つ目の秘訣として「麺」を挙げ、「日本の麺は小麦粉にかんすいが加えられることで、独特の食感と風味を持っている」と指摘。中国の麺の種類も多様だが、「日本のラーメンはそれぞれのスープに合った麺を追求しており、麺の太さ、硬さにも特徴があり、好みに合わせて茹で時間も指定できる」と説明した。

 中国でも日式ラーメン店が増えているが、日本で本格的な日式ラーメンを食べれば、小麦粉を使った麺でもここまで異なる食感をが生み出せることに感動を覚えると主張し、こうした点が「中国発祥のラーメンが日本で昇華を遂げ、中国人をうならせる料理になった秘訣」であると論じた。日本人にとっての「美味しい」が、中国人にも受け入られているのは喜ばしいことと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)