中国メディア・東方網は22日、日本のゲーム企業・任天堂がこのほど、広東省深セン市の品質監督管理機関に対して、知財権の厳しい取り締まりに感謝を示す額を贈呈したと報じた。

 記事によれば、任天堂の法務部スタッフが先日広東省深セン市の市場・品質監督管理委員会福田局を訪れ、「執法の先鋒、権利保護の模範」と書かれた額を進呈するとともに、同局による「知財権の厳格な保護、企業の権利の積極的な防衛」への・・・・

続きを読む