日本と中国は海で隔てられているものの、隣同士の国であることから文化や習慣が似ている部分も多く存在している。一方、お互いに思いも寄らない習慣や文化も存在しているようで、中国メディアの一点資訊はこのほど、「日本で見られる独特の現象」を紹介する記事を掲載し、「日本に対する認識が覆されるかもしれない」と伝えている。

 記事はまず、「自動販売機」を紹介し、飲み物だけでなく、食品や新聞、傘など様々な商品が自動販売機で売られている日本は独特だと論じた。中国では最近になってようやく自動販売機を見かけるようになってきたが、日本のように街の至るところに設置されているわけではない。

 次に、ラーメンやうどんなどを「音を立てて食べる」ことも独特だと主張。中国の一般的なマナーでは食事の際に音を立ててはいけないとされているが、日本では麺類を食べる際に「音を立てて食べる」習慣があり、音を立てて食べることによって作り手に対する感謝を伝えることになると紹介している。

 他にも記事は、多くの中国人は日本では靴を脱いで家の中に入ることは知っているものの、「トイレ専用のスリッパ」がトイレに置かれていて、トイレを使用する際には専用のスリッパに履き替える必要があるのは驚きだと伝えている。中国でも近年では玄関で靴を脱いで家に入る習慣も広まりつつあるが、日本家屋にある「土間」などはないため、土足で家の中まで入ってくる人も多い。

 日本と中国は隣国であるものの、文化や習慣が異なっている部分もあるゆえ、時に中国人の「日本に対する認識が覆される」と感じることがあるようだ。逆に、日本人も中国に対する認識が覆されることがある。中国を訪れる機会があれば、そうした文化や習慣の違いに注目してみたら、おもしろい発見があるかもしれない(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)