中国は反日感情が強いが、それはテレビで繰り返し抗日ドラマを放送するなどして憎しみを植え付けてきたからとも言える。中国は何かにつけて歴史問題を持ち出し、謝罪の言葉もないと繰り返し非難するが、それは本当だろうか。中国メディアの一点資訊は20日、「我々中国人が知らない歴史もある」と題し、戦後日本は23回も謝罪を繰り返してきたと伝える記事を掲載した。

 記事はまず、中国人にとって、日本とは「すべての国民が憎む国」で、「最大の害を与えながら謝罪したことがない」という認識があると紹介。しかし、日本は実はこれまで「中国に23回も謝罪してきた」のだという。この謝罪の回数については25回という見方もあ・・・・

続きを読む