中国メディア・東方網は21日、「高くて食べられない! 日本でとんでもない価格の柿が出現した」とする記事を掲載した。

 記事は、岐阜県で開発された柿の最新品種である「天下富舞」が、今シーズンの市場での初競りで2個54万円という高い値段が付いたと紹介。昨年も初競りにて同じ値段で取引されて注目を集めたとし「まさか今年も昨年同様の値が付くとは」と驚きを示した。

 そして、今回・・・・

続きを読む