中国メディア・東方網は21日、現役サッカー選手と指導者という2足の草鞋を履く元日本代表の本田圭佑氏が、指導者として初勝利をマークしたと報じた。

 記事は、豪メルボルン・ビクトリーに所属する本田氏が「選手としてのキャリアの末期を迎えるなかで、カンボジアサッカー協会の招きに応じて同国の実質的な監督になった。カンボジアは決して強くないチームであり、一線の報酬も受け取らないでの活動だが、本田は同国のチームを進歩、変化させようとしている」と紹介した。

 そして、就任後にマレーシア、ミャンマーと試合を行うもいずれも勝つことができなかったカンボジアが、20日にラオスと対戦してついに3-1で勝利し、「本田監督」が就任後初勝利を挙げたと伝えている。

 記事は、「指導者として本田は決して生半可なつもりでやっていない。ロッカールームでは選手たちに辛抱強く戦術を解説する。アジアのトップスターである本田に対し、カンボジア選手の大多数はアマチュア選手だ。彼らが本田から学べることはとても多いのだ」とした。

 また、32歳の本田氏はプレーヤーとしてもしっかり活躍しており、メルボルンにおいて出場する試合でゴールやアシストを重ね、最近の試合でもチームの勝利に貢献するゴールを決めたと紹介。現地で歓迎されていると伝えた。

 そして、「本田のサッカー知能の高さをもってすれば、現役引退後すぐに名指導者になることだろう。今、カンボジアで、本田はその経験を積んでいるのだ」と評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)