品質の高さで定評がある日本製品。様々な製品に使われる部品は、工作機械によって製造されており、工作機械はすべてのものづくりの基本と言っても過言ではない。中国では製造業の躍進が目立つが、中国の工作機械はどの程度のレベルなのだろうか。中国メディアの今日頭条は17日、「中国で最高レベルの工作機械と日本の工作機械を比べたらどうか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本の工作機械は輸出が多く、中国以外にもドイツ、米国、イタリアなどに輸出しており、海外市場において大きなシェアを占めていると紹介。日本の工作機械は国内外から高く評価されていると言えるだろう。それはなぜだろうか。

 記事は、例えば工作機械の主軸の回転数では、日本の一般的な工作機械で2万回転、高性能のものは4万回転に達するものまであると紹介。それに対し、中国の平均的な工作機械は1万2000回転にとどまると残念そうに伝えた。回転数を上げることもできるが、これ以上上げると精度が落ちてしまうという。

 記事は、精度の高い工作機械として日本企業のナガセインテグレックスを紹介。第2回ものづくり日本大賞の内閣総理大臣賞に選ばれたほどの実力を持ち、研削盤による加工だけで大型望遠鏡用の鏡を高速で仕上げる超精密工作機械を開発・実用化したことで知られる。記事は、この企業の、誤差をナノメートル単位に抑えるという精巧さを称賛。製造業で最も重要なのは精度であり、そのためには精密な工作機械がどうしても必要であると感心している。

 一方の中国における「最高レベルの工作機械」はどうだろうか。記事は、ある企業が7年前に中国の工作機械を1000万元(約1億6000万円)で購入したことを紹介。2年ほど使用しただけで故障し、修理に100万元(約1600万円)以上かかると言われたという。しかも、この2年間ずっと調子が悪く、3日使用して2日使えないような状態だったとしている。記事は、中国の一流企業は中国製でなく、オーストリア製など海外の工作機械を使用していると指摘し、中国製工作機械のレベルの低さを指摘した。

 記事は、「中国の工作機械はステルス戦闘機J―20を製造した国とは思えないレベルだ」と驚き、「個人的には、日本と最も差を付けられている分野ではないかと思う」と感想を述べている。中国の製造業が本当の意味で日本に追いつくまでにはまだ時間がかかりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)