日本は戦後、中国にとっては憎しみの対象となってきたが、同時に最大の支援国ともなってきた。1979年から行われてきた対中ODAは総額で約3兆円にものぼる。中国メディアの一点資訊は16日、「日本について話すと中国人は目の色を変えるが、日本は最大の支援国だったことを我々は知らない」と題する記事を掲載した。

 戦後の中国に対しては、各国が支援をしてきたが、最大の支援国は日本である。円借款、無償資金協力、技術協力を合わせるとこの30年あまりで3兆円以上のODAを実施してきた。年間にすると約1000億円支援してきたことになる。しかし中国ではこの事実はほとんど知られておらず、ODA終了が決まった今・・・・

続きを読む