中国と米国の間で金利が逆転し始めている。中国政府系メディアが20日付で伝え、国民に周知を図った。逆転したのは1年物国債利回りなど、比較的期間の短い国債の利回り。長期金利の目安となる10年国債利回りは、中国では現状3.38%前後、米国が3.08%程度で依然として中国が高いが、この長期金利についても2019年3月には逆転するという見方が優勢になっているという。

 1年物国債の利回りが米中で逆・・・・

続きを読む