「空の移動革命に向けた官民協議会」が16日に開催された。経済産業省によれば、同協議会は空飛ぶクルマの実現に向けて、日本として取り組んでいくべき技術開発や制度整備等について協議することを目的とした官民による協議会だ。

 技術開発が進めば、近い将来に空飛ぶ車が現実のものになる可能性が高いが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本で空飛ぶ車の開発が進められている」と伝えたところ、中国人ネットユーザーたちから「さすがは日本だ」などといったコメントが寄せられた。

 経済産業省によれば、空飛ぶ車はドローンの技術を活用し、「都市の渋滞を避けた通勤、通学や通園、離島や山間部での・・・・

続きを読む