近年、日本を訪れる中国人は増加していて、その目的も多様化していると言われている。以前は買い物が中国人の主要な訪日目的だったが、現在では日本ならではの「体験」を求めて、多くの中国人が日本を訪れている。

 日本の美食を目当てに訪れる中国人も多くいるようで、中国メディアの捜狐は17日、「日本では寿司(すし)以外にどんな美食があるのか」と題する記事を掲載し、日本を訪れた際に食べるべき美食について紹介している。

 中国人のなかには、日本人にとって寿司は日常の食卓に並ぶ料理と考えている人もいるようで、生モノを食べる習慣がない中国人は「日本を訪れたら食事に困るのではないか」と疑問を抱く人がいるようだ。しかし、日本には寿司以外にも様々な美食がたくさん存在する。

 まず、記事は「鳥の唐揚げ」を紹介。中国にも鳥の唐揚げはあるが、日本の唐揚げは店によって味付けが異なっていたり、衣はカリッとしているが中のお肉は非常にジューシーであって非常に美味であると紹介した。

 続けて、唐揚げでは満足することのできない人に対して「焼肉」を紹介した。日本には様々な焼肉店があり、ビールと共に食べる焼肉は格別であると主張した。中国にも焼肉店は多々あるが、肉の鮮度や店内の雰囲気は比較にならないと紹介している。他にも記事は、日本の「カレー」を紹介し、定番のカレーライス、カレーラーメン、カレーうどんなど様々なバリエーションが楽しめると伝えた。中国でも近年はカレーが普及しつつあるが、日本の国民食とも言えるカレーの味やバリュエーションの豊富さは確かに一見の価値があるだろう。

 中国人にとっては日本のグルメといえば「寿司や刺身などの生食」というイメージが強いようだが、それ以外にも美味しいものが非常にたくさんある。日本を訪れたからには、日本ならではのグルメを楽しんでみるのも一興だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)