中国では、毎年非常に大勢の子どもが行方不明となっている。その数は年間20万人に達するとも言われており、大半が誘拐されたことで行方が分からなくなったものと考えられている。それゆえ、多くの親は子の安全を心配し、学校まで送り迎えすることが一般的となっている。

 中国メディアの今日頭条は15日、「日本でも子どもの誘拐事件は起きるのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、日本でも誘拐事件は皆無ではない・・・・

続きを読む