中国の最高額紙幣は100元札であり、日本円にして約1700円ほどの価値がある。物価が上昇している中国だが、100元あれば飲食店で美味しい食事をお腹いっぱい食べることができる。日本と中国では物価の違いがあるため、額面どおりの金額だけで判断することには無理があるが、中国メディアの捜狐はこのほど、「日本で100元あれば何が出来る?」と疑問を投げかける記事を掲載し、「多くの中国人が思っているのと大きく異なっている」と主張している。

 近年多くの中国人が日本を訪れるようになり、日本についての理解が深まっているが、記事は「日本は物価が高い国」であると紹介し、「日本で100元で何ができるだろうか」と疑問を提起した。

 続けて、日本の観光地で販売されているものの価格を紹介。たとえば、ちょっとした軽食でも300ー500円はするのが一般的で、2つも買えばすぐに100元もしてしまうと紹介する一方、中国の屋台で販売されている関東煮(中国風おでん)は100元あれば9本は購入できると紹介し、日本では100元では大してお腹いっぱいにならないと論じた。

 また記事は、近年中国人観光客にも人気となっている「居酒屋」の価格を紹介している。日本の居酒屋では1人当たり3000円(約180元)ほど必要であると紹介し、中国であれば2-3人で食事ができる金額であるとした。ほかにもホテルの値段を紹介。日本では素泊まりでも4000円(約240元)ほど必要で、環境や部屋の広さにこだわれば1万2000円(約700元)ほど必要になってくると紹介している。中国で安いホテルに宿泊しようと思った場合、100元ほどで宿泊できることを考えたら、日本のホテルは「高い」と感じるだろう。

 記事は「日本の物価は高いが、日本人の平均所得もそれなりに高い」と指摘。日本人の平均所得は中国人の約4倍だからだと指摘し、相対的に所得が低い中国人が日本に旅行に行くなら「お金を貯めていく必要がある」のはこういう理由のためだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)