中国では日本の製品に対して絶大な信頼を寄せる消費者が少なからず存在する。これは国内産の製品に対して信頼が置けないことの反動とも言えるだろう。一方、近年は日本企業の不正行為が相次いで発覚していることから、日本製品の質に対して疑問視する声が中国で上がっているのも事実だ。中国メディアの快資訊は13日、「不正行為の背後にある日本企業の文化」について考察する記事を掲載し、日本の企業の問題点について指摘している。

 記事はまず、近年の日本企業全体の傾向として「より結果が求められるようになったことで、経営者はより速く結果を残す」ことが求められるようになったと指摘し、それによって企業の責任者たちの正・・・・

続きを読む