中国メディア・東方網は15日、「みんな中国の高速鉄道はすごいと言うが、日本の寝台列車を見たら比べなきゃよかったと思うはずだ」とする記事を掲載した。

 記事は、「改革開放以降、わが国の経済は急速に発展した。そして今や高速鉄道網が全国に広がっており、安心感と快適さを利用者に与えている。一方で、近ごろでは在来線の列車である『緑皮車』での旅行が人気だという」と紹介した。

 そして、緑皮車は高速鉄道に比べるとスピードが緩やかであるため、沿線の風景を眺めたい人にとってはとても楽しく、しかも、運賃がとても安いと説明。ただ、大きな欠点として列車中の環境があまり良くなく、さまざまな臭いが車両内に立ち込めているなど必ずしも快適ではないとしている。

 そのうえで、「環境の良さと言えば日本だが、列車内の環境はどうだろうか。きっと多くの人が、日本の寝台列車を見たら沈黙することだろう。そして、真っ先にその車内が清潔で設備も非常に充実していると感じることだろう。まるで移動するホテルのようで、各空間が独立しているためにプライバシーも守られている。しかも、個室の寝台まであるのだ」と伝えた。

 記事はさらに「最も驚くべきことは、日本の寝台列車にはシャワーやアメニティグッズまで揃っていることだ。汗の足の臭いが列車全体を汚染するのを心配することなく、快適に一晩を過ごして目的地に到着することができるのだ」と紹介している。

 今は快適さと速達性を最優先する高速鉄道が盛り上がりを見せている中国。やがて社会の成熟とともに、ゆっくりと豪華な寝台列車で旅をするニーズも旺盛になることだろう。その時に中国ではどんな寝台列車が登場するのか、楽しみだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)