中国メディア・東方網は15日、「みんな中国の高速鉄道はすごいと言うが、日本の寝台列車を見たら比べなきゃよかったと思うはずだ」とする記事を掲載した。

 記事は、「改革開放以降、わが国の経済は急速に発展した。そして今や高速鉄道網が全国に広がっており、安心感と快適さを利用者に与えている。一方で、近ごろでは在来線の列車である『緑皮車』での旅行が人気だという」と紹介した。

 そして、緑皮車は高速鉄道に比べるとスピードが緩やかであるため、沿線の風景を眺めたい人にとってはとても楽しく、しかも、運賃がとても安いと説明。ただ、大きな欠点として列車中の環境があまり良くなく、さまざまな・・・・

続きを読む