ポートモレスビー(パプアニューギニア)で11月17日~18日に開催されるAPEC首脳会談を控えて、中国の習近平国家主席は15日に、国家元首として初めてパプアニューギニアを公式訪問する。4年ぶりとなる太平洋島しょ8カ国との首脳会談を控えて、中国メディアは習主席の動静を伝えつつ、中国にとってアジア太平洋地域がいかに重要な地域であるかを伝えている。今回のAPECには、米国のトランプ大統領は出席しないことを明らかにしており、米中貿易協議を控えた今、習主席がアジアで発するメッセージに注目が高まっている。

 中国の外交は今週、“アジア太平洋”色が一気に強まっている。李克強首相は12日に東南アジア・・・・

続きを読む