日本の「アニメ」や「漫画」は中国でも若者を中心に人気を集めているが、その一方では日本のアニメから「離れていく」中国人も多くいるようだ。中国メディアの捜狐はこのほど、一部の中国人が日本のアニメに「冷めてしまい、距離を置いてしまうのはなぜなのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、日本のアニメは多くの中国人に人気が高いコンテンツであるものの、徐々に日本のアニメに「冷めてしまう」人もいると主張。その理由はさまざまで、ティーンエイジャーや青年、中年の中国人がどのような過程を経て日本のアニメから離れていくのかを分析している。

 続けて、ティーンエイジャーは思考の幅が狭く、周りの友達が見ているアニメと自分の好きなアニメが異なっていたら徐々にアニメから離れていくと主張。さらに、日本アニメを好む若年層の傾向は「問題から目を背ける」というものだが、自身が抱える問題が解決されれば、アニメという手段は必要なくなるのだと主張した。

 また記事は、日本アニメから離れていく中国人青年について、「すでに社会に出ているゆえ、アニメでは得られない満足感を社会から得られたり、アニメの世界に矛盾や違和感を感じるとアニメから離れていく」と分析。さらに、中年については、ある程度の資産があるため、アニメなどの安価な娯楽から徐々に離れていくと分析した。

 他にも記事は、日本のアニメ自体、その他のコンテンツの出現によって人気が落ちてきているとしたほか、日本以外の国のアニメ製作技術の向上なども日本のアニメ人気の低下に拍車をかけていると主張。中国で人気の高い日本アニメではあるものの、ファンの心を掴んでおくための工夫がさらに求められているのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)