多くの中国人は日本人に対して「礼儀正しい」という印象を抱いているが、中国も「礼節の国」を自負し、多くの中国人は儒教の教えは知っている。中国メディアの捜狐はこのほど、「なぜ日本人だけが礼儀正しいとして、世界から評価されているのか」と問いかける記事を掲載した。

 記事は、日本人の礼儀正しさは「日本人の根底に流れる武士道」によるものだとし、日本人は「権威や目上の人に対しての絶対的な服従」という概念から、細かく厳格な礼儀作法の規則が存在し、ほぼ単一民族であることからその精神が日本人全体で共有できていると主張。これが日本人の礼儀正しさを形成しているのではないかと論じた。

 続けて、仕事や留学のため日本で生活する中国人は、「お辞儀という行動だけでも、その角度によって表す意味合いが異なる」ことに戸惑いを感じ、日本人の礼儀は細かくて厳格である一方、形骸化していると感じると紹介。

 逆に、中国人が考える「礼儀」とは「恩義を重んじ、心からの感情に動かされて行う」ものであり、それゆえ親しくなれば家族のようにして手厚いもてなしをするが、そこまでの関係性がない相手に対しては冷たいと取れる態度でもそれは失礼にはならないと指摘、日本と中国では礼儀に対する考え方や範囲が大きく違っているのだと強調した。

 中国人は相手によって礼儀を尽くすかどうかを判断するのに対し、日本人は誰に対しても一定の礼儀をもって対応することが大切とされる。日本の礼儀は儒教から大きな影響を受けているが、その儒教が生まれた国である中国と礼儀の内容が異なるのは興味深い。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)