日本人は民度が高いとよく言われる。国民全体として礼儀正しいと言い換えることができるが、中国メディアの快資訊は12日、どうして日本人の民度はこんなに高いのかと題する記事を掲載した。民度の高さには2つの理由があるとしている。

 記事はまず、多くの中国人は日本に旅行に行き、日本人の民度の高さをひしひしと感じると紹介。日本人は日常的に礼儀正しく、道路にはごみひとつ落ちていないなど、環境も非常に良いというのは中国では「伝説」になっているという。中国人のなかには大げさだと思う人がいるのかもしれないが、記事は「伝説」のとおりであると紹介している。

 例えば、日本の建設現場には泥もごみも見当たらないと感心。どの建設現場も建物全体がメッシュシートで覆われ、そのおかげで環境をきれいに保つだけでなく騒音防止にもなり、近隣への配慮も感じられる。また、作業員も現場で専用の作業着と靴に換えるため現場の汚れを外に持ち出すこともない。記事は、日本人の民度の高さは「意識」の問題だと結論付けている。

 また、日本はごみの分別でも有名だが、公共の場所にあるごみ箱は何種類にも分かれていて、住民は生活ごみを出すのにもきちんと指定されたごみ捨て場に出している。ごみ捨てに関してはほとんどルールがない中国では、理解しにくいところだろう。記事はこれを、「法律の厳しさ」のおかげだと結論。中国でも法を厳しくすれば、あるいは改善できるかもしれないと分析している。

 記事は、日本人の民度の高さは「意識の高さ」と「法律の厳しさ」にあるとしているが、法律に関してはいくら厳しくしても国民に守る意思がなければあまり変わらないのではないだろうか。法を抜け出す穴を探すようなら、本当の意味で民度を高くすることはできない。しかし、訪日中国人が増えたことで、民度に対する中国人の意識には変化が見られるようにはなってきたと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)