アルベルト・アインシュタインという名前は誰もが一度くらいは聞いたことがあるだろう。一般的相対性理論などの理論で知られ、天才の代名詞ともなっている物理学者だ。アインシュタインは1922年から23年にかけてアジアを歴訪し、日本も訪れている。米国プリンストン大学は2018年5月にアインシュタインの旅行日記を出版したが、そこには日本人を称賛する一方で、中国人を酷評する差別的な内容が記されていた。
続きを読む