中国の道路事情も近年では非常に改善され、都市部はもちろん、農村部でもコンクリートやアスファルトで舗装された道路が増えている。中国人の多くは「中国の建設工事のスピードの速さ」を誇りとし、道路も中国全土で急速に拡張されているわけだが、道路の「質」という点では見劣りする部分があるようだ。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本を訪れた中国人は日本の道路の清潔さだけでなく、道路の質の高さにも驚くと伝えつつ、「中国の道路工事関係者は日本と中国の道路の質がまったく異なることに赤面するに違いない」と伝えている。

 中国は道路でも高速鉄道でもビルでも、建設速度は極めて速く、日本では数年かかかるような大型工事も人海戦術であっという間に完成させてしまう。確かに、その速度は驚異的だが、記事は「中国の建設工事の速度は世界有数」だとしながらも、高速道路では頻繁に補修工事が行われていることを指摘し、その質は決して高くないことを強調。「つぎはぎだらけの洋服は見た目が悪い」のと同じように、つぎはぎだらけの道路は「外国人に与える印象は決して良好ではないはずだ」と論じた。

 一方、日本の道路の補修の方法はすばらしいと指摘し、補修後の路面は補修したことが分からないほどに丁寧で、しかも、道路を補修する際にも騒音をなるべく出さないように配慮していたり、交通状況に与える影響を考えて深夜や早朝に工事を行っていることを指摘した。

 中国の道路の多くはコンクリートで舗装されている。耐久性に優れる反面、路面から伝わってくる振動は大きい。また、いたるところでひび割れていたり、雑な補修によって段差ができていたりするため、非常に走りにくいのが現状だ。それゆえ、中国の道路工事関係者が日本の道路を見たら、その違いに「赤面する」というのも、あながち誇張した表現ではないかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)