中国メディア・東方網は9日、日本・米国・中国の3カ国が開発した「美女ロボット」を比較し、それぞれの特徴を紹介する記事を掲載した。

 最初に紹介したのは、米国で開発された女性型ヒューマノイドロボットも「マーク1」だ。「製品は米国で生まれたものだが、デザインしたのは香港人だ。この製品のコンセプトはセクシーさであり、外観は米国の往年の著名女優を模しているという。セクシーなボディーで、細かい部分・・・・

続きを読む