中国では男性が結婚する際の最重要条件として「家を所有していること」が挙げられる。中国人は日本人より住宅に対して強い関心を抱いていることが見て取れるが、訪日中国人は日本の住宅事情に大きな驚きを感じるという。中国メディアの快資訊はこのほど、「日本を訪れた中国人が、日本の住宅事情を知って衝撃を受けた」と紹介する記事を掲載した。

 中国でも沿岸の都市部と内陸の農村地域とでは住宅事情に違いはあるが、都市部では高層マンションが多く、また、国によって土地が管理されているためか道路は広くとられ、建物と建物の間にもゆとりがあるように感じられる。それゆえ日本を訪れた中国人は東京などの都市部の住宅を見ると「低層の建物が隙間なくびっしりと立ち並んでいて雑然としている」という印象を受けるようだ。

 また、やはり中国人が気になるのは住宅の価格だが、東京などの都市部では100万元(約1700万円)では単身者向けの小さなマンションか、大きなマンションであれば頭金程度にしかならないと伝え、「東京の不動産価格がこんなに高い」ことを知って衝撃を受けたと紹介した。

 不動産は様々な要因で価格が大きく動向するので、中国でも開発に伴って一部地域では地価の急激な高騰が見られる。それゆえ日本の地価や不動産価格に驚いたというよりは、むしろ「それなりのお金を払っても、狭い土地で隣家と密接して生活しなければならない」ことが中国人から見ると受け入れ難いらしい。

 この中国人は日本の住宅事情に対し、「日本人はもともと感情を表に出さず、相手に迷惑を掛けたがらないため、これほど家やマンションが密集した場所で生活するのは息苦しいだろう」と主張し、中国人が日本で生活するとしたら「落ち着いた静かな心を持っていなければ生活できないだろう」と漏らしている。(編集担当:村山健二)(写真は、雲南省の省都である昆明市。イメージ写真提供:123RF)