日本の学校の制服はおしゃれで機能的、また質も良いともっぱらの評判だ。一方、お隣の中国の学校制服は「ジャージ」が主流で、これは体育の時間のみならず登下校も授業もすべてジャージという意味だ。

 いうまでもなく、中国の学生にもジャージという制服は不人気なのだが、日本の学生はこの中国の制服をどう感じているのだろうか。中国メディアの網易は5日、日本人の女の子に中国の制服を着てもらったとする記事を掲載した。着てみた感想を聞くと、中国人の心が折れてしまうという。

 記事では、3人の日本人の女子生徒に中国のジャージを着てもらい、意見を聞いてみるという方法で行われたインタビューを紹介した。最初の学生は、こういうジャージは体育の時間か家で掃除をするときにしか着ないと答えたという。着心地が悪く、これが制服など信じられない、日本の制服はかわいくて良かったと答えたと紹介している。

 次の女子生徒も同様で、体育の時間にしか着ないと答え、3人目の生徒はジャージを羽織ってもらうと明らかにテンションが下がったそうだ。おしゃれな女の子で、自分の通う学校は制服の着こなしや髪形が自由だと明るく話していたのに、ジャージを着た途端自信を無くしたように見えたため、記事では「外見が人に与える影響は大きい」と結論付けている。また、日本人は外見をとても気にするようだとも感想を述べている。

 おしゃれに興味のある年頃の学生がジャージで1日過ごすというのは日本では考えられないことなのだろう。また、日本ではそもそもジャージで授業を受けるというのはマナー違反という考えもあるほどだ。しかし中国では、学生に勉学に集中してもらうためにジャージを着用させるという逆の発想なのだろうが、子どもたちの気持ちを無視した方法だと言えるだろう。中国の学生の制服を知ったら、日本の多くの学生は日本に生まれてよかったと、心底思うに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)