経済的に豊かになった中国人の多くはマイカーを所有するようになった。だが、車に対して求めるものは日本人と中国人とでは大きく異なっていて、中国人はSUVやセダンといった「高級そうに見えて、メンツが立つ」車を求める傾向が強い。つまり、中国人にとって車は社会的ステータスを示すツールでもあるのだ。

 中国では日本人は「中国人と違って小型車を好む」と認識されているが、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人旅行客の手記として「日本人の多くが乗っている車」について紹介する記事を掲載し、日本では確かに「小型車の人気が高い」が、「コンパクトカーにしか乗っていない」という認識は間違っていると伝えている。

 記事はまず、日本では「軽自動車」が独特の自動車文化を作り上げているとし、中国人のなかには「日本では軽自動車しか走っていない」などと思い込んでいる人もいると指摘し、「これは極端な思い込み」だと強調。実際に日本を訪れた中国人の見解として、日本では確かに軽自動車やコンパクトカーを見かける機会が多いものの、高級車を見かける機会も少なくなったと論じた。

 続けて記事は、日本の街中で見かけた車を写真と共に紹介、ドイツの高級車から日本メーカーのエコカー、そして軽自動車に至るまで、「メーカーも車種も非常に幅広く、コンパクトカーにしか乗っていない」という認識はやはり間違いだと主張。だが、軽自動車やコンパクトカーは駐車に便利であるだけでなく、税金の優遇措置が受けられる利点があるため、日本で人気があるのは確かだと指摘した。

 中国では多くの人が「メンツ」を気にして車を選択しており、軽自動車では他人から見られた時に「メンツが立たない」と考える人が多い。それゆえ訪日中国人が日本でコンパクトカーや軽自動車を見かけて、日本人はメンツなどではなく、あくまでも実用性を重視して自動車を選んでいることに驚くようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)